TOP » 肝斑 » 肝斑には要注意

肝斑には要注意

肝斑が出来た時の対処法

あなたの顔にできているシミ、それはもしかしたら「肝斑(かんぱん)」かもしれません。
シミには色々な種類がありますが、その中の一つに肝斑があります。
男性には現れず、主に30~40歳の女性に出るという独特のシミです。

一般的なものと違うのは、主に顔の左右対称に現れる点です。
両頬やあご、鼻の下、額などに地図のような形でべったりと現れます。

何故できるのかという原因は、女性ホルモンの影響が大きく関係していて、さらにそこに強い紫外線を浴びる事で症状が悪化すると言われています。
また、ストレスが関係しているとも言われていて、現代のストレス社会では避ける事ができない要因が多く含まれています。
しかしはっきりとした原因がまだ解明されていないのが現状です。

肝斑はメイクでは隠すことが難しく、顔色が悪く見られたりするので、悩んでいる女性がたくさんいます。
特に妊娠中に突然現れるケースも多く、出産後に消える場合もありますし、そのままずっと残ってしまう時もあります。

気になって人前に出るのが恥ずかしいと思ったり、強いコンプレックスを感じている場合には、クリニックなどで治療を行うのが良いでしょう。
しかし、一般的なシミに効果的であるレーザーは肝斑には使用できないので注意が必要です。
レーザーで余計に悪化してしまったり、肌に負担をかけてしまう場合もあります。
できてしまったらもう諦めるしかないという時代もありましたが、最近では肝斑用のレーザー治療を行っているクリニックが増えています。

治療を受けても一度で消えるわけではなく、何度か通う必要があります。
また、一度消えたものでも強い紫外線を浴びたり、ストレスが溜まったままの状態が続くと、再発する可能性もあります。
そうした場合には再度受ける必要がありますので、根気よく付き合っていかなければいけないものであると言えます。

もしクリニックなどで治療を行う際は、信頼できるところを選ぶことが大切です。
気になるクリニックがあれば、そこを実際に利用した人の感想を聞いてみるのも良いでしょう。
料金面だけではなく、アフターサービスが充実しているか、清潔感が感じられるか、医師やスタッフが親切かなど総合的に判断して選びましょう。

また、お肌について気になる事があれば小さな事でもカウンセリングを受けた時に聞いてみるのもおすすめです。
からだ全身が若返り、肌年齢がぐんと若くなる事も夢ではないかもしれませんよ。

肝斑

肝斑には要注意
あなたの顔にできているシミ、それはもしかしたら「肝斑(かんぱん)」かもしれません。 シミには色々な種類がありますが、その中の一つに肝斑があります。 男性には現れず、主に30~40歳の女性に出るとい